ラインアートXL-1615WPダイヤモンド(55)
ラインアートXL-1615WPダイヤモンド(55)
ラインアートXL-1615WPダイヤモンド(55)
ラインアートXL-1615WPダイヤモンド(55)
ラインアートXL-1615WPダイヤモンド(55)
ラインアートXL-1615WPダイヤモンド(55)
ラインアートXL-1615WPダイヤモンド(55)
ラインアートXL-1615WPダイヤモンド(55)

ラインアートXL-1615WPダイヤモンド(55)

¥605,000 (税込) 送料無料
(フレーム価格)

ゴールド/ジュエリー

カラーバリエーション


*この商品の価格に関しては店舗にてご相談に応じます。
【サイズ】やや大きめ(L)
「ふつう」サイズよりやや大きめ、ゆったり掛けたい方へ。
*サイズはあくまでも目安です。デザイン等によってイメージは異なります。

サイズについて詳しくはこちら

【商品説明】
ラインアートシャルマン10周年のテーマ、「咲き、満ちる しあわせのかけ心地」と連動した花のモチーフ。クインテットのフレームとリムをつなぐ部分に、ダイヤモンドとK18ゴールドで大輪の花をあしらいました。ふっくらとたおやかで、先端の尖った6片の花びらはラウンドダイヤモンドをセットし、周囲を小さな粒によるミル打ちで囲んだものと艶やかなゴールドの花びらが交互に。センターにもラウンドブリリアントカットのダイヤモンドが輝き、正面からも横顔も華やかに演出します。

【K18について】
金は、純度を24分率で表示します。K18(18金)とは、純金の含有率が75%になります。残りの25%には銀や銅を混ぜて使用しています。純度100%の金のことを24金といいますが、24金は柔らか過ぎて型崩れしやすくメガネには適していません。一方、18金の銀や銅が混合しているものは、熱をかけて保持すると固くなり、バネ性が強くなります。
*写真の光の当たり具合や、お使いの環境(ブラウザ・モニター等)により、実際の商品と色味が多少異なる場合がございます。


【Line Art】ラインアート
メガネフレームのために独自に開発した素材「エクセレンスチタン」による軽くてしなやかなフィット感は、掛けていることを忘れてしまうような心地よさ。一般的なメガネフレームの製造には200以上の工程がありますが、ラインアートはそれに加えて100以上多くの工程を必要とします。多くのメーカーが分業制でフレームを製造しているのに対し、シャルマンはすべての工程を自社で行っている数少ないメーカーです。さらに、企画や設計も自社で行う一貫体制だからこそ、ひとつひとつの工程に細やかな工夫を施して製造品質を高めています。小さなパーツ、細かな工程にいたるまで、理想を追求しています。掛けた瞬間からあなたを虜にし、気分までゆたかに彩ります。メガネであることの意味を極限まで磨き上げた本質的な“美しさ”を体感できるフレームです。

【HIROUMI】
1930年の創業よりハイジュエリーの制作を手がける「アトリエヒロウミ」。三代目:廣海貴晴は、1999年に技能五輪世界大会で日本人ではじめて金メダルに輝いた宝飾職人です。ラインアートは10年の節目を記念し、さらなる“美しいかけ心地”を求めてジュエリーブランド「HIROUMI」とのコラボレーションを実現。世界に誇る職人の競演により、かけた人の表情までも輝かせる未来に向けて花開いたスペシャルピースが完成しました。

フレーム素材:エクセレンスチタン/チタン/
K18ゴールド/天然ダイヤモンド8個0.26ct
MADE IN JAPAN